HALちゃんねる

社会人になって勉強の楽しさを知ったFラン卒のゲーム実況者が、関心事をアウトプットしていくブログ

MENU

僕の実況環境とノイズ対策

どうもみなさん、HALです。
実況環境とは言ってもそんな大層なものではないんですが、これからゲーム実況してみようかなぁって思っている人の参考になれば、と思ったので記事にしてみます。

ゲームを接続する

僕は現在、ニンテンドースイッチを使ってゲーム実況しています。
テレビないしモニターに接続する据え置きタイプのハードは、当然ながら映像を出力する端子を持っているので、出力するのは簡単です。
しかし、PC側でゲームの映像を受け取るのがちと厄介になってきます。
PCにも大抵HDMIなどの映像を扱う端子がついていますが、これはゲームハードと同じで基本的にPCが外部のモニターに自分の画面を出力するためのもので、この端子とゲームハードの端子を接続しても、当然PC画面にゲームの映像は出力できません。

そこで、PCとゲームハードの間にキャプチャーボードと呼ばれるゲーム映像を受け取るための装置が必要になるんですね。
スーファミ世代にはおなじみの赤白黄色の3色ケーブル、いわゆるコンポーネント端子を繋げるためのキャプチャーボードは安価で購入できます。

しかし、最近のゲームはHDMI端子が主流になってきており、HDMIに対応するキャプチャーボードはそれなりに高価なんです。
僕の場合は、知人から使ってなさそうなキャプチャーボードを貸してもらって今まさに実況映像を録画しているので、ここの初期投資を0にできました笑

キャプチャーボードにもいろいろある

これは、いろんなメーカーから出てるとかいう話ではありません。
まず、キャプチャーボードをPCに実装する方法が2パターンに分かれます。

簡単なのはUSB接続

USBはデスクトップPCでもノートPCでも必ず付いている超便利な端子です。
このUSB端子を使ってキャプチャーボードを接続する方法が一番簡単です。
注意が必要な点としては、機種によってはUSB3.0という規格を要求されることでしょうか。
最近のPCはほとんどUSB3.0の端子を持っていますが、USB2.0の端子しかないものを使っている方もいるでしょう。
2.0と3.0の違いは、伝送速度の違いです。
一見すると形は同じですが、端子奥のピンの数が3.0のほうが多くいので伝送速度が速いんですね。
HD画質のゲームともなると、情報量がものすごいので伝送速度ってすごい重要なんです。
ちなみに、USB3.0規格は端子が青くなっています。
たぶん見ればわかるので、自分が使っているPCの端子を見てみましょう。

デスクトップPCならPCI接続がオススメ

PCケースを開けて中を見ると、マザーボードという一番大きな基盤からいろいろ配線されているのがわかります。
そして、マザーボード上にはPCの機能を拡張するための『PCI Express』という端子というかスロットが搭載されています。
例えばこのスロットに『グラフィックボード』というものを実装すれば、PCゲームの映像描写をCPUではなくグラボのGPUで演算させることができ、動作が重いゲームでも動くようになったりします。

マザーボード上には映像出力端子や音声入出力端子、USB端子が実装されていますが、このPCIスロットに挿せるタイプのキャプチャーボードを実装することで映像入力端子をPCに追加するイメージです。
PCケースとマザーボード上のPCI端子同士しっかり連携が取れているので、PCケース背面の小さい蓋のようなものを外せば、PCIスロットに挿した装置の端子がある面がPCケース背面から顔を出すように設計されています。

また、PCI接続型のキャプチャーボードは作りがシンプルです。
基盤とそれをPCに固定するためのシャーシのみなのでUSBタイプのものより値段を抑えられるのが大きな魅力です。
そして、ケーブル接続をしなくていいので、PCやPC置き場周辺が散らからないのも嬉しいポイントです。
ちなみに僕が借りているのもキャプチャーボードもこのタイプです。

映像の録画方法も違う

キャプチャーボードを接続したらゲームハードから映像を取り込めるようになりますが、映像は取り込むだけではなく録画もしなければなりません。
正確には、映像をPCで再生できるように変換する『エンコード』という作業を、キャプチャーボード本体で行うか、PCで行うかという違いになります。
詳しく書くと難解になりそうなので簡単に説明してみます。

ハードウェアエンコード

こちらはキャプチャーボード側で変換まで行う方式になります。
ゲームハードから送られてくる映像をキャプチャーボード内で変換しながらPCに伝送するため、PC自体の負荷を減らすことができます。
動画を編集する作業はPCに非常に負荷がかかってしまうので、低スペックのPCに向いている方式だと思います。
逆にデメリットとしては、PCまで映像が送られてくるまでに変換作業が発生しているので、映像に多少の遅延が発生してしまうことが挙げられます。
アクション性が強いゲームやリアルタイムでの操作が必要な対戦系のゲームでは不利に働いてしまいますね。

実況ともなれば自分の声も入れなければならないので、画面と声のシーンが一致しないということにも繋がりかねません。
まぁこれに関しては、音声を別撮りで対応したり、あとでテロップを入れて動画を編集するといった方法で、いくらでも対処ができます。

また、少し専門性の高い話にはなりますが、PCで再生する動画にはコーデックという圧縮形式を決めるための目には見えない入れ物のようなものがあります。
この入れ物がキャプチャーボードに指定されてしまうことで、環境によっては不便を被ることがあるかもしれません。

ソフトウェアエンコード

この方式では、キャプチャーボードはあくまでもゲームハードからPCまでの映像中継に徹します。
PCまでの伝送にエンコードをはさまないので、映像の遅延は限りなく小さくなります。
しかしながら、映像を画面上に出力しながら映像を動画にエンコードするまでを全てPCが行うため、PCにかかる負荷はとても大きくなってしまいます。
コーデックに関しては、使用する録画ソフトで決められるので自由度は高いです。
ちなみに僕が借りているキャプチャーボードはこちらの方式です。

以上がキャプチャーボードに関するお話です。

録画、配信なら"OBS Studio"

僕はゲーム映像の録画や、ときどき行うLive配信には『OBS Studio』というソフトを使用しています。
もちろん無料です。

録画ソフトは他にアマレコなどがありますが、OBSではLive配信にも対応しているのが嬉しいポイントです。
大概のキャプチャーボードをサポートしているので、機器が動作していれば簡単に映像が取り込めるはずです。
細かい内容については、また別の記事にて追記しようかと思います。

ボイス録音とノイズ対策

表題にもあるノイズ対策についてここで触れていこうと思います。
マイクを使って声を録音するところまではいいんですが、再生してみるとザーとかサーという雑音(ノイズ)が聞こえることはありませんか?
僕もこのノイズに悩まされている人間のひとりです。

ちなみにこの問題は、ほとんどの場合マイクの問題ではなく、録音中の信号経路に問題があるんです。
家庭で使用している電気には周波数があります。
コンセントの周りや、電化製品の近く、パソコンの内部を流れる電気が持っている周波数が雑音として、音声がデータに変換されるまでの経路のどこかで拾って合成されてしまうと、録音した音声データの中にノイズが現れてしまうんですね。
これを防ぐにはいくつか方法があると思うんですが、お金をかけず、面倒な配線作業もせずに改善する方法を僕は1つ知っていますので、それをご紹介します。

"Audacity"という録音ソフトを使う

僕は声の録音にこのソフトを使用しています。
これももちろん無料です。

録画はOBS、録音はAudacity、という具合で使用ソフトを分けているんですね。
OBSで声も取り込んだ状態で録画をしてしまうと、収録が終わった動画ファイルの中にノイズ込みの僕の声が入ったままになり処置が困難になってしまうため、それを防ぐために分けています。

音声ファイルの加工もできちゃう

Audacityでは録音した音声ファイルの波形を大きくしたり小さくしたりして音量を変えることもできるし、リバーブなどの効果もあとから付けることができます。
そして、このソフトを使う最大の理由が、『ノイズの除去』ができるからです。

ノイズ除去の方法

工事中です。
近日中に別記事でご紹介します。

まとめ

ということで、僕の実況環境はコチラ。

キャプチャーボード

Monster X2(PCI実装型)
結構古い製品で、PC側の搭載メモリが4GBを超えると動かなくなるというクセのある機種。
僕のPCのメモリは8GBなので、設定を変更してメモリを制限して使用しています。
スペックが非常にもったいないですし、たまにBGMにブツブツ音が入ります。
とはいえ、借り物ゆえキャプボ2万円分の出費が浮いていることも忘れてはいけませんね。
ありがてぇありがてぇ……

マイク

ECM-PCV80U
Sony製で、3000円ぐらいの安いやつです。
モノラルですが、マイクを正面に構えているわけではないので、音が偏らない点が評価できます。
でかいので机に置くと邪魔です。

録画ソフト

OBS Studio
ときどきOBSだかOSBだかわからなくなって、使い方を調べるときに合板の写真がバーンって出てくるのが悩みです。
キャプボ付属のソフトでもいいんですが、見た目(GUI)がシンプルで動作が軽快なのが嬉しいですね。

録音ソフト

Audacity
ノイズが嫌なので、OBS上での録音を避けるために使っています。
録音だけじゃなくて.wav形式のファイルを扱うときにも役に立ちそうですね。

パソコン

ツクモのBTO
一応紹介しておくと、たしか2014年ぐらいに買ったBTO製です。
当時でも中間的なスペックだったんですが、最近は動作がやや重いです。
メモリは8GB、基本オンボードで、借り物のキャプボぐらいしか積んでいません。

実況初心者は何を買えばいいのか

PCについてはあまり詳しくないので説明は省略しますが、ツクモやドスパラなどのBTO製で10万円ぐらい出せば快適なデスクトップPCが手に入ると思います。
動画の編集をしても重くならないぐらいのスペックであれば問題ないはずです。

キャプボに関しては必須の装置なのでちゃんと買いましょう。
GC550ってやつを買えば大丈夫だと思います。
スーファミとか3色ケーブルを使っている昔の実機で遊びたい人には、GV-USB2ってやつがオススメです。
3DSみたいに、通常のキャプボでは映像を取り込めないハードは、メーカー非公式の『偽トロキャプチャ』っていうものが必要になります。
なかなか高価だったので、僕は偽トロ基盤を買って2台ほど自分で改造しました。

マイクはとりあえず、見たらわかる安いやつとか見た目などの好みで選んじゃっていいと思います。
ヘッドホンマイクは音も聞けるし便利です。

いずれは……

ゲーミングPCみたいなハイスペックマシンで、Steamの3Dゲーとかバシバシ遊びたいし、オーディオインターフェースと高いマイクを買って、ノイズを気にせず綺麗な音声を録りたいですね。

最後のほうが雑になってしまいましたが、例のクリックしてもらうとお金になるアレの申請が通らなくてめっちゃやきもきしてて、しばらくリンクとか作りこめない残念な状況なんです。
申請が通りさえすればもうちょっと丁寧に、リンクとかバシバシ貼り付けてリライトしますので、今はこれぐらいで勘弁してください。

それじゃ